英語は早いうちから。

英語の学習塾に行っています。
上の子は中学1年から、下の子は小学校4年生から行っています。

英語は10歳までに始めるのがいいと、言われているのは知っていました。
耳がいいそうです。聞き取る力が付きやすいということだと思います。

なので本当は小さい頃から、英語を始めればよかったのですが、
英語月謝も平均的に高いです。

小さいうちは、スイミングやピアノなどやりたい習い事がたくさんありました。
ですから、小さいうちから英語を始めて、中学高校まで続けるのは、
時間もお金もかかるので、なかなか決断できませんでした。

さらに中学受験をしたので小学校の高学年は、受験用の学習塾に行くことになりました。
下の子は、中学受験の学習塾と英語の学習塾と両方行っていましたが、
塾代が大きな負担になっていました。

塾に行けば成績も上がりますが、経済的な負担はとても大きいと思います。
年収が高い家の子は、塾にも行けて学力も高いという、
経済格差で子供の学力も変わってしまっているといわれています。

確かにそれはあると思います。学習塾に行っている子は、
なる程度の成績が取れていると思います。

もちろん塾に行っていない子でも、自分で努力して勉強して、とても賢い子供もいます。
家の経済状況もあると思いますが、親の熱心さも影響しています。

塾に行っていれば、絶対いい成績が取れるとも言いきれないので、
親がどこまで勉強に関わるかも影響してくると思います。

勉強できる時間は、限られているので要領よく勉強するかが大事になってきます。
そう考えると学習塾は大事なところを、的確に教えて下さるのでいいと思います。

塾にもいろいろな先生がいらっしゃるので、子供がいいと思う先生が1番だと思います。
子供2人とも同じ学習塾の同じ先生に教わりましたが、
上の子は合わなくて、下の子はよかったと言っていました。
いろいろな塾に体験に行って、その子が1番気に入った塾を選ぶのがいいです。

上の子は最初に行っていた英語の塾があまり合わなかったので、成績もいまいちでした。
思いきって、違う英語塾に変えてから、メキメキ成績が伸びました。

なかなか変えずらいですが、ダメだと思ったら早めに変えるというのも大事だと思います。
たまに、子供に塾を辞めたいか聞いてますが、子供に合った塾だと辞めるとは言わないです。
お金はかかりますが、子供が続けたいというのであれば、
できる限り学習塾に通わせてあげたいと思っています。

子供を塾に預けている間に、主人と久しぶりに東京に出かけました。
休憩するのによさそうなホテルを探していたところ、見つけたのが新松戸のラブホテルです。
ラブホは新松戸のホテルケセア。
東京まで電車で30分の新松戸なのでとても便利。
安めの宿泊費の割に設備が普通のホテルよりしっかりしてて好印象です。

タグ: