横浜中華街は小さな子連れ世代でも楽しめる

特に近くに住んでいるわけではないのですが、独身の時、結婚した時、子供が産まれてからと、
なぜか何回か横浜中華街を訪れる機会がありました。

友人との街ブラやカップルでのデートで楽しめるのはもちろん想像できるかと思いますが、
小さな子供を連れて横浜中華街を楽しめるのは私自身にとっても意外でした。

まだ子供が小さかったころですが、その時の勢いで主人と共に訪れてみました。

食事面が一番心配だったのですが、考えてみれば、中華料理は脂っこいものだけでななく、中華粥というものがあるんですよね。
そして麺類も、いわゆる日本のラーメン屋さんのこってりしたものとは違って、結構アッサリした味のスープの物が多いです。
小籠包も餃子も、子供にとっては食べやすい食べ物で、好きなものの一つですよね。

我が子もおいしいおいしいと夢中になってたくさん食べていました。

実は小さな子連れの家庭にとって食事面では優しい街とわかり、安心できました。

それに、お店が立ち並んでいる通りこそ人混みがすごいものの、少し横道に入れば人も少なくなっていました。
そこで、横道やちょっとした広場などで子供をある程度自由に歩かせたりすることもでき、
退屈させずに過ごすこともできたのでよかったです。
退屈になってぐずってこられたら、なかなかそこから挽回するのは難しいですもんね。

時々見かけるパンダのぬいぐるみやキャラクターものも子供にとっては楽しかったようです。

唯一、困った点といえば、週末に訪れたということもあり、とても混雑していたので移動が困難だったことでしょうか。
特に最寄の駅から地上に上がる際、ベビーカーで移動していたのでエレベーターを使わないと外に出れず、
エレベーターの順番待ちをしたり、ぐるっと迂回をしたりと時間がとてもかかってしまいました。

抱っこひもを持って行っていたりすれば、もっと小回りが利いてよかったかなぁと感じました。

また、季節の良い時期にぜひ家族全員で横浜中華街を訪れてみたいです。

中華街でおいしいものを食べた後は、家でゆっくりお茶でも飲みたいですね。
そんなときに便利なのが、高速でお湯を沸かしてくれるガス給湯器です。
ガス給湯器を横浜で設置するならここ
人気のエコキュートやエコジョーズを、お値打ち価格で買うことができます。

タグ: